JR中野駅より北口徒歩1分 〒164-0001 東京都 中野区 中野 5-65-12
ご予約・お問い合わせ 03-5345-5767

中野区中野 内科 胃腸科 内視鏡 食道がん 胃痛 胃がん サンモールクリニック

ピロリ菌と胃がん

Mobile Site サンモールクリニックのモバイルサイトは、こちらから。

ピロリ菌について

以前より、日本では諸外国に比べ、胃癌の患者が多いことが知られていました。
近年、胃癌の発生にかかわる重要な要素として、胃へのピロリ菌の感染が注目されてきています。そもそも以前は、人間の胃の中には細菌は存在しないと考えられていました。
ところが、1983年に胃炎患者の胃から、ピロリ菌と呼ばれる特殊な細菌が検出され、その後、このピロリ菌が胃潰瘍、十二指腸潰瘍や、慢性の胃炎を引き起こすということがわかってきました。

さらに、ピロリ菌によって引き起こされた慢性の胃炎が、胃癌の発生母地となる(そこから胃癌が発生しやすくなる)のではないか、という学説が提唱されました。そしてこの学説は、その後の調査研究から、医学会の中でも正しいと認められつつあります。
逆に言えば、こういった患者さんにおいて、薬で胃からピロリ菌を除去することで、胃癌になるリスクを下げる事ができるかもしれないのです。(つまり、胃癌の予防です。)
実際、日本人は50代以上で半分以上の方々の胃にピロリ菌が住み着いていると言われており、これは欧米諸国に比べ明らかに高い割合です。

検査と治療

幸いなことに、2種類の抗生物質と胃酸を抑制する薬を組み合わせて、1週間内服することで、大部分の患者で、ピロリ菌を除去することが可能です。
また、ピロリ菌の有無を調べる方法も数種類あり、いずれも容易です。(胃内視鏡の際に、一緒に調べることもできます。)
以上のようなことから、以前から胃や十二指腸に潰瘍がある、慢性の胃炎がある、もしくは、最近胃のあたりがすっきりしないといった方には、胃の内視鏡やピロリ菌の検査をお勧めします。

Page Top

Copyright (C) Sunmall Clinic. All Rights Reserved.