JR中野駅より北口徒歩1分 〒164-0001 東京都 中野区 中野 5-65-12
ご予約・お問い合わせ 03-5345-5767

中野区中野 内科 胃腸科 内視鏡 食道がん 胃痛 胃がん サンモールクリニック

胃痛について

Mobile Site サンモールクリニックのモバイルサイトは、こちらから。

胃が正常でも「胃痛」は起こる!?

上腹部のみぞおち付近の痛み、いわゆる「胃の痛み」のことを、医学的には「心窩部痛(しんかぶつう)」と言います。この「心窩部痛」を訴えてクリニックを受診する方はとても多いので、この症状について解説したいと思います。
多くの方が誤解していらっしゃるのですが、この「心窩部」に痛みがあるからといってその原因が「胃の病気」であるとは限りません。この部位には、胃以外に、小腸、大腸、食道、膵臓、胆嚢、胆管といった臓器があるため、これら臓器の異常によっても「心窩部痛」が起こります。それら疾患のうち、胆石をはじめとする、胆嚢や膵臓の異常は、腹部エコーやCTで見つけることができます。

また、食道や十二指腸の異常は、胃カメラを行う際に一緒に調べることができます。それらの中でも注意すべきは、腹部にできる癌です。「心窩部痛」があるので胃が悪いとばかり思っていたら、実は膵臓癌だった、といったケースもあります。
ただし実際には、いずれの検査でも原因が見つからない場合も多く、その場合、最も疑われるのは腸の動き(「蠕動」と呼びます)の不調による痛みです。普段感じ取ることはできませんが、胃や腸は24時間動いています。

なおかつ、その動きは一定ではなく、食事のタイミング、量、種類などによって常に変動しています。
ウイルスや細菌感染など何らかの原因で、この腸内容(食物やガス、消化液)の流れがひとたび滞ると、腸が部分的に膨れるなどして、心窩部痛を起こし得ます。
人によっては、腸の動きが普段から不安定で、特にストレスを感じたり緊張したりすると、これが悪化するケースがあります。
このような病態を「過敏性腸症候群」と呼び、ストレスの多い現代では、決して珍しくない病気です。ちなみに、安倍元首相が入院する原因となった「機能性胃腸症」もこれと同じような病態と言って良いでしょう。
こういった消化管の動きの不調は検査などで捉えにくいため、以前は胃潰瘍などに比べ軽視されていたのですが、最近では注目されてきています。
そして、このような腸の動き(蠕動)の不調が疑われる場合には、数種類ある蠕動調整薬のうち、いずれかを使って反応を見るのが最も良いと考えられます。
私の印象では、「胃痛」の原因を調べないまま、「私は胃が悪いに違いない」と信じて、漫然と胃薬を飲んでいる方も多いように思います。一度、消化器科、胃腸科で相談してみてはどうでしょうか。(当院でも各種検査を行うことができます。)

Page Top

Copyright (C) Sunmall Clinic. All Rights Reserved.